地域包括支援センター

地域包括支援センターでは、介護に関する幅広い相談の受付や高齢者の生活援助、権利擁護など、高齢者の方がいつまでも住み慣れた地域で暮らしていけるよう、地域全体で協力して高齢者の生活を支援しています。 センターには、保健師もしくは看護師・主任ケアマネジャー・社会福祉士が配置されており、各職種で連携して地域に貢献します

お仕事内容

総合相談・権利擁護

高齢者のみなさんの権利を守り、いつまでも尊厳を持って生活できるよう、認知症、高齢者虐待、成年後見制度、消費生活などの相談に応じ、関係機関と連携して支援します。

介護予防ケアマネジメント等

生活機能の維持・向上を図るため介護予防教室にお誘いするなど、一人ひとりにあった介護予防の計画を立てて支援します。

包括的・継続的ケアマネジメント

高齢者のみなさんが住み慣れた地域で暮らし続けられるよう、ケアマネジャーの支援など、地域の関係機関と連携・協力できる体制づくりに取り組みます。

地域ケア体制の推進

介護や支援を必要とする高齢者のネットワークづくり、身近な生活ボランティアの育成、介護予防・副詞情報誌の作成、介護予防ふれあいサークルの支援を行います。社会参加、人とのつながり、生きがい、楽しみの支援をすすめます。

事業所のご案内

ひなたぼっことやまのサムネイル

ひなたぼっことやま

詳しく見る